読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜灯書房・準備録

小さな個人書店・夜灯書房開店前の日常架空備忘録。店主こと灯し手の興味のあることまるっと。

月曜日:睦月後半のお花

季節のしつらえ

一気に寒くなりましたね。

昨年中はエアコン無しで乗りきれたものの、連続して訪れる寒波に負けて最近はすっかりエアコンのお世話になっています。

ごきげんよう、こうやです。

 

追加の本棚が到着するまで、しばし書房の整理はお休み。

そんななか、お花を新しくしたのでお披露目です。

f:id:midnightlamp:20170122100451j:image

ラナンキュラス2種類。

お花屋さんにラナンキュラススイートピーなど、見た目に愛らしいパステルカラーのお花が増えてくると、春が近い気がしますね。

まだこれから本当の春の到来までは、遠いけれどもね……(;´∀`)

左側のラナンキュラスは、紫がかったピンク色のまだらが印象的で可愛らしく、一目惚れ。

花芯が黒々と目立っているのも好みでした。

まして、「シャルロット」と銘打たれていた日には……お迎え待ったなしですよね。

八重咲きのアネモネみたいな雰囲気がたまりません。

右側のラナンキュラスは、金鳳花科の雰囲気がよく出ているころんとボールめいたフォルムが印象的。

黄緑色と紫色のだんだらという、毒々しげな色味なのも気に入りました。

細長い一輪挿しに投げ入れて、すっとした佇まいを楽しみます。

 

長持ちしていた薔薇は、傷んだ茎を短く切ってキッチンへ。シンク上のキッチンフラワーとして飾っているのですが、まだ満開の豪華さが残るので、一気にキッチンが華やぎました。

お花は良いですね。

 

これからのイベントは、節分にバレンタイン、桃の節句……

さて、どんな風に飾りつけしようかしら。

悩みどころたくさんです。