読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜灯書房・準備録

小さな個人書店・夜灯書房開店前の日常架空備忘録。店主こと灯し手の興味のあることまるっと。

如月の味

喫茶店

ごきげんよう、こうやです。

月が、変わりましたね……信じられない……

なるべく季節を大事にしていきたいと思いつつ、過ぎ去る日々の速さについていけておりません。しくしく。

そんなわけで、季節を感じられる機会をなるべく大切にしようと思っているのですが、わたしにとって月が変わることを実感できる何よりの素材は。

ここでした。

 

高田馬場駅から南へ歩くと、戸山公園の北側にちょこなんと佇んでいるオレンジコートというショッピングモール。

昔ながらの商店街をマンションの地上階にくっつけたような、そんな場所の一角に、わたしが愛してやまないお店はあります。

その名も「こく~ん」さん。

ここで出される月替わりのティーセットが、わたしにとって一番の「月日の変化」を感じられるものなのです。

 

パティシエールのご店主が、師匠たる熊崎俊太郎さんのブレンドした「フィーユ・ブルー」の紅茶を相手にさらに一段と深く、いえ高く昇り詰めていくセットを作り上げる。

毎月、その関係を味わえる至福に、心を温かくしています。

 

f:id:midnightlamp:20170201185212j:image

今月のティーセットは「イチゴとシューとパリパリチョコのミルフィーユ仕立て」。

セットの紅茶はアリアです。

このミルフィーユ、ふわっふわのイチゴのムースの間に、落書きみたいな一筆書きの格子模様なさくさくシュー生地と同じく格子柄のパリパリチョコレートが挟まっていて、スプーンを入れた手もおいしくなる食感の違いを堪能できます。

アリアはミントとラベンダーの香るフィーユ・ブルーさんでも人気のブレンドで、先日限定復活したもの。わたしの記憶よりもいっそうミントとラベンダーが明るく香り、なおかつお茶の味自体は滋味深くなったような……気がします。

立春を控えて浮き立つようなお菓子に吹き抜ける春の風のような……そう、ベルばらにおけるロザリーのような!ただ可憐なだけでない、しゃんと芯のあるおいしさでした。

 

レギュラーメニューもどれもおいしいのですが、月のティーセットと季節のワッフル、時期限定のティーメニューなどの限定ものに目が行きがちになってしまうのも仕方ないところ。

こく~んさんのすべてを堪能するためには、とにかく通って端からいただくしかないのです。

はふぅ、今月も、がんばれます……(*´ω`*)

広告を非表示にする